Quality of Handball

~より良い“ハンドボール”を目指して~

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Newブログ作りました!


みなさん、お久しぶりです!


新しく、ブログ作りました!

よければ見てください^^



QHB in Montpellier





では!

スポンサーサイト

| 未分類 | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本代表は本当に体格面で劣るのか?

リオ予選で日本が負けましたね。男女とも。

その後、あーだこーだと厳しい風が吹き荒れている
ハンドボール界です。

そんな中、オルテガ監督の就任も決まりましたが、

いったい、今後の日本ハンドボール界は
どうなるのでしょうか?

ということで、

なんとなーく集めてみた情報を
載せてみたいと思います。

(情報量が多いので、結論がまとまっていないことは
ご了承ください)



テーマはこれ

「日本代表は本当に体格面で劣るのか?」

日本人は体格面で不利だ!

ってよく聞くと思うんです。

でも、実際は

どれくらいの差があって、
どれだけ不利なのか?


ってところにあまり着目していない気がします

調べた結果がこれ。
(体格だけじゃなく、年齢についても調べました。)
  
ーーーーーーーーーーーー
日本代表リオ予選メンバー

平均身長 185.5cm
平均体重 89.6kg
平均年齢 26.8歳
平均身長-体重 95.9
ーーーーーーーーーーーー



これを2015年世界王者のフランスと比べます



ーーーーーーーーーーーー
フランス代表

平均身長 191cm
平均体重 94kg
平均年齢 29.4歳
平均身長-体重 97
ーーーーーーーーーーーー



そこからわかる両者の差が



ーーーーーーーーーーーー
平均身長 191-185.5= 5.5cm
平均体重 94-89.6= 4.4kg
平均年齢 29.4-26.8= 2.6歳
平均身長-体重 97-95.9= 1.1
ーーーーーーーーーーーー



参考までに

世界選手権出場国とその平均、日本代表の

グラフを作って見ました。


'15世界選手権出場国と日本 身長


'15世界選手権出場国と日本 体重


'15世界選手権出場国と日本 年齢


'15世界選手権出場国と日本 身長-体重






みなさん、

日本と世界王者の差について、どう思いますか?

「ハンドボール」というスポーツにおける

5.5cmの差って大きいですか?小さいですか?

4.4kgの差でそんなに試合がガラッと変わると思いますか?


どうでしょう。

(あくまで平均的な話で、スタメンになると
多少なりとも変わってくるとは思いますが、、、)





意外にたいしたことないやん!いけるんじゃね?

と思うか、

やっぱ無理や。。。

と思うかは人それぞれだと思います。




ちなみに

サッカー、バスケなど

他の競技も比べてみました。
(黄色のところが差です)

日本代表と世界トップの差 競技別平均身長(2015)


日本代表と世界トップの差 競技別平均体重(2015)


日本代表と世界トップの差 競技別平均年齢(2015)


日本代表と世界トップの差 競技別平均身長-体重(2015)




バスケの10cmの差はでかいか!?
ゴール上にあるし、、、

え!?ラグビーって
ニュージーランド代表と
2kgしか差ないの!?

いろいろ発見がありますね。




どんなことでもそうですが、

現実の差を理解して、

その差を埋めるために

どのように取り組んでいくか?

ってところがすごい大事だと思います。





体格面での差は現段階では上に書いた通りです。

そこに対して、オルテガ監督が

どうアプローチしていくか


気になりますね^^



で!!


もっと言えば、

オルテガ監督が残すものを

その後の世代にうまく受け継いでいく


ということが

これからの日本を左右するのではないでしょうか。








最後に、

僕は個人的に

そこまで大騒ぎするほど

大きな差があるとは思いません。

という意見を述べて、



今回の記事をしめたいとおもいます。笑




| 未分類 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コーチングフィロソフィーの確立・確認




前回、コーチングフィロソフィーについて

ざっと書きました



今日は、

コーチングフィロソフィーの確立、確認

について書いていきます






いきなりですが、、、







みなさんは、

人生の目標はありますか?


億万長者になる、結婚して幸せになる、、、

一人ひとり違う目標があると思います


まずは、ハンドボールを考える前に

ご自身の人生の目標について

考えてみてください。






次に、

目標達成のための

自分の理念
について考えてみてください


おそらくこれが人生哲学になってくると思います

例えば、

常に100%で生きる、感謝の気持ちを忘れない、、、

こちらも人それぞれで違ってきますね








そして、

人生目標、人生哲学を考慮した上で

①コーチをすべきなのか

②コーチとしての目的は何であるか

③コーチとしての目標は何であるか


これらのことを考えてみてください。





以上のことを踏まえて、最後に

コーチングフィロソフィー(指導哲学)、指導理念は

何であるか、

それは、正しいものであるか


と、自分に問いかけてみてください



どこかに矛盾が生じてくることもあるかと思います


簡単に言うと、

感謝の気持ちを忘れないという人生哲学をもっているのに

指導哲学は、勝つための手段は選ばない、などなど



そのときは、矛盾を感じたところを

修正していきましょう





人生において、

考え方、価値観は変わっていく
と思います

その度に、修正していくことが大切ですね









で、








なぜ人生目標、人生哲学を考えた上で

コーチングの目標、コーチングフィロソフィーを

考えてもらったかと言うと







ハンドボールは人生の数%でしかないからです





ハンドボール以外にも、人生で大切なことや楽しいことは

山のようにあります


現代社会においては、

そういった大切なこと、楽しいことだけでなく

誘惑などもたくさんあります

そんな中で

ひとりの人間として、よりよい人生を送っていくためには

自分自身のことをよく知っていないといけません




その1つとして、

人生目標や人生哲学を考えることは

とても簡単な方法だと思います


そして、

それに従ったコーチングフィロソフィーを持って

初めて、コーチとしてのスタートラインに

立つ事ができるのではないかと思います




コーチがしっかりしていないと

みっともないですよね?


選手はコーチの鏡である

ということからも、

まずはコーチ自身が意識を変えていく

ことから始めましょう!







なかなかわかりにくい文章構成になってしまいましたが

ご理解いただけましたでしょうか?

(昔から現代文が大の苦手です笑)






もし、わからないことがあれば

質問してください^^






では^^

| コーチングフィロソフィー | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コーチングフィロソフィーを持つ

みなさん、こんにちは!



前回お知らせしていた通り

今日から “コーチとは?”

について書いていきたいと思います



僕の1つの意見であり、

矛盾していることも多くありますが、

よろしくお願いします^^





○コーチングフィロソフィーの確立○


コーチという職をやっていく上で

最も身につけていけなければならないもの

日々、磨いていかなければならないもの


それは、

コーチングフィロソフィー(指導哲学)

です





コーチングフィロソフィーってなに?

と聞かれると、うまく説明できませんが

ある問題を解決するときに、照らし合わせる原則

とでも言っておきます





例えば、

私立ABCD高校のチームの約束の1つとして

「周りに迷惑をかけることをしない」

というものがあったとします
(約束事を決めたのは監督)


全国大会の1週間前に

スタメン選手が、コンビニで万引きをして

それが監督の耳に入ったとしましょう


あなたが監督であれば、

その選手にどういった対応をするでしょうか?


練習させますか?

試合に出しますか?

ベンチに入れますか?

もっと言えば、大会に連れて行きますか?

まあ、一昔前であれば、ボコボコに殴られて

問題解決ということになっていたでしょうが、、、




勝つためにはその選手が必要でしょう

しかし、試合に出すとなると

周りの人からは何を言われるかわかりません

でも、私立であることから、やっぱり結果も、、、


巡り巡って、行き着くところは

坊主 + 反省文 + 3日謹慎 = 試合出場 といったところが

妥当でしょうか



こういった場面で

方向性を失わないためにも

コーチングフィロソフィーを基に

問題解決することが大切なのです




ここでは、勝ち負けを考えずに

コーチングフィロソフィーに従うと

どういった対応をするべきかが、

絞れてくると思います




○コーチングフィロソフィーは、一生かけて磨かれていく○


多くの経験を積んだり、

人の話を聞いたり、

本を読んだり、

いろいろなことを通じて

コーチングフィロソフィーは変化していきます

いや、変化しなければなりません


極論を言うと、

ハンドボールであろうとなかろうと

世の中100%正しいことは、ほぼないからです

例えが良くないかもしれませんが、

日本ではいかなる場合であっても

人を殺すことは犯罪です

しかし、イスラム国はどうでしょうか?

イスラム国に反対する者は、殺しても良いということが

学校教育でなされているそうです

つまり、地球規模で考えると

殺人も認められることになります
(殺人を認めているわけではありません。
あくまで極論です。例えです。)




話がそれましたが

今、みなさんが持っている

コーチングフィロソフィーも

必ずしも完璧なものではないでしょう

よりよいものに変化させていくためには、

日々、多くの刺激を受け、

1つでもたくさんのことを吸収していくことが

大切になってきます



言い換えると、

コーチングフィロソフィー(指導哲学)= 人生哲学

とも言うことができるでしょう





日本のハンドボール界では、

コーチングフィロソフィーを確立させて

指導している監督・コーチが少ないと思います

また、

勝利を目の前にすると、

コーチングフィロソフィーに従って判断をできない

監督・コーチが多いと思います




こういった指導者育成的な部分も、

技術・戦術だけでなく

今、そして、これからの

日本の課題だと思います





では^^

| コーチングフィロソフィー | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日から再開 “コーチとは”


みなさん、お久しぶりです!



4月に入ってから、

ある高校でコーチをしていたんですが、

インターハイを最後にチームを

離れることになりました。


なので、

今、僕はフリーです!

あえて、ハンドボールを

外側の世界から見てみるのも良いかなと笑






ということでこれから

今までのように、ブログを再開していきたい

と思います!!






というところでですね、

何を書こうかなーと考えながら

過去の記事を見ていたんですが、



「戦術的なものが多いなー

 じゃあ、それ以外の事を書いていこう


 この4月から感じた事をまとめると、、、

 コレだ! 1 2 3!(ザ・ベストハウス123風)」



コーチとは?


かなり漠然としていますが、

コーチに求められるもの

やるべき事、やってはいけない事

などなど

コーチについて書いていこうと思います





やっぱり、

選手育成だけでは勝てないですからね

指導者育成もしないと、

世界相手には戦っていけないと思います


そこへの1つの意見だと思っていただけたらと^^







次回から

本格的に書いていきます^^


では!

| 未分類 | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。